リブキャップ 別名「カブリ」人気部位リブロースの背中側にある肉

リブキャップ

希少度 星4個4
価格 星4個4
カロリー 星4個4
マニア度 星4個4

助骨の背肉

という意味を持つリブロース。

肩ロースとサーロインに挟まれた部位で、サーロインと並んで高級牛肉の代名詞です。

そのリブロースの最も背中側にあるのがリブキャップです。

肉は霜降りになりやすいのが特徴で、きめが細かくツヤツヤとした美しさがあります。

肉の甘みも脂もほどよく濃厚。
ただし、サシが細かく入っているので、脂がしつこい牛は、ややきつく感じることもあるかもしれません。

見た目の美しさは牛肉中最高レベルです。

焼肉やローストビーフ、しゃぶしゃぶなど、肉本来の味を前面に押し出した料理に使われます。

甘みも脂もあるリブキャップは、食感と味を楽しみたいならタレ、肉の味を重視したいなら、わさび醤油か塩胡椒です。

お酒は、日本酒を冷でいただきましょう。

肉の風味に負けることなく、美味しく食べれます。

厚切りでも美味しく食べれますが、脂を適度におさえるためには、薄切りで食べるのがオススメです。

リブキャップの美味しい焼き方

強火で脂を溶かして食べるのがベストです。

厚さ5mm以下の肉の場合はレアで食べましょう。
それ以上の厚さになると、表面の脂が溶けても、中まで火が通らない場合が多いです。

その場合は、いろんな方向から火を入れて、ガッツリ焼きましょう。

カリッと全面が焼けたらOKです。

インサイドスカート ハラミ近くにあり、うま味が強いバラ肉

インサイドスカート

希少度 星4個4
価格 星3個3
カロリー 星3個3
マニア度 星4個4

牛の横隔膜・ハラミの近くの服横筋がインサイドスカートです。

そとバラの内側にあり、バラ肉の仲間です。

独特な名前は、日本語名が特になく、アメリカのカットの企画の名前がそのまま使われているからです。

適度なうま味とコクが有るハラミの近くにあるため、肉のうま味が強いのが最大の特徴です。

バラ肉なので脂はありますが、多すぎることはなく、適度なコクを感じることができるレベルです。

肉質は繊維質なので、ざっくりとした歯ごたえながら柔らかいです。

味付けは、肉にコクがあるので、素材重視なら塩胡椒、またはわさび醤油です。

また、ショウガ醤油で食べても美味しいです。

肉のうま味が引き立ち、ショウガのおかげで後味もスッキリです。

口の中が重くならずに量を食べることができます。

お酒なら赤ワイン、ボルドータイプでもブルゴーニュでもどちらでも合います。

好みに応じて合わせましょう。

方の力を抜いて肉の味を楽しみたいなら、やっぱりビールが一番です。

肉のコクとビールのキレのマリアージュを口の中で楽しみましょう。

インサイドスカートの美味しい焼き方

柔らかい肉質を楽しむため、レアがオススメです。

強火で、表面を軽く焼く程度で十分です。

肉の表面がカリカリしてきたら、すぐに取りましょう。

肉を噛み切るととけすぎずに残った脂が口の中に溢れ出して、舌の上でとろとろになります。

カイノミ 赤身と脂のうま味のバランスが最高!

カイノミ部位

希少度 星5個5
価格 星4個4
カロリー 星4個4
マニア度 星5個5

ともバラの背中に近い側のバラ肉をなかバラと言います。

そのなかバラの中で、ヒレに一番近い部位です。

バラ肉だけどヒレの赤身のうま味と柔らかさを持った部位です。

そんな部位なので、焼肉は最高です。

脂と赤身のうま味のバランスが一番いい部位として、焼肉店からも特別扱いされるほど。

肉質の柔らかさは折り紙つきです。

5回噛むと口の中でとろとろになり、肉が液体化してなくなるような感覚です。

そのため、ちょっと大きくカットしても大丈夫です。

バラ肉だけど脂にしつこさはなく、上質な香りです。

味付けはタレでの醤油でも塩胡椒でも合います。
あなたの好みに合わせましょう。

カイノミの風味を楽しみたい場合は、わさび醤油です。

またはからし醤油もオススメです。

のんびり食べたい人は、日本酒の熱燗でキュッと一口。

そのうま味を堪能したいなら、赤ワインで口の中で肉汁とマリアージュさせるのもありdせう。

ボルドーでもブルゴーニュでも合います。

カイノミの美味しい焼き方とは

肉の柔らかさを生かすために、レアに近いミディアム・レアに仕上げましょう。

表面を強火でカリッと焼くと脂を中に閉じ込めることができ、噛んだらジュワーっと。

すぐ焼けるので、置いたらすぐにひっくり返しましょう。

ササミ 別名「ササバラ」脂はあるけど、くどさはない希少部位

ササミササバラ

希少度 星4個4
価格 星3個3
カロリー 星4個4
マニア度 星4個4

バラ肉の中でも、腹側にあるバラ肉をそとバラと言います。

そのそとバラの一部で、ももの付け根側にあるが、ササバラ、ササミです。

そこそこの希少部位です。

肉質は、きめ細かく、赤身とサシのバランスもキレイです。

たっぷりサシが入っているように見えるかもしれませんがその割りには、くどさはなく食べやすいです。

一口食べると、脂の甘みと肉のうま味が口の中でじんわりと広がっていきます。

同じバラ肉でも、カルビ系よりは比較的さっぱりしていて、食べても口の中が重くなりません。

店によっては、上カルビとして出しているお店もあります。

繊維質な肉は柔らかく、サクサクといった歯ごたえで簡単に紙切れます。

味付けは肉のうま味を損なわないよう、醤油でさっぱりと食べましょう。

わさび醤油または、からし醤油で味にアクセントをつけると、肉の甘みが引き立ち、より美味しさを味わうことができます。

もちろんタレにつけて食べても肉のうま味と柔らかい食感は十分楽しめます。

固まりで焼いて切り分けても面白いですよ。

ササミの美味しい焼き方とは

肉質によってはタタキにもむいていると言われています。
ミディアムレアで生っぽい食感を残して食べるのがオススメです。

表面を強火でカリッと焼きましょう。

脂が出やすいので、すぐコゲてしまいます。
焼く時は、目を離さないようにしましょう。

中落ちカルビ|別名「ゲタカルビ」あばら骨の間にあって脂たっぷり!

中落ちカルビ部位

希少度 星3個3
価格 星2個2
カロリー 星5個5
マニア度 星3個3

助骨と助骨の間になるバラ肉を中落ちカルビと言います。

カルビは、通常、上や特上など分ける明確なルールはありません。

この中落ちカルビは、助骨の間のバラ肉を指しています。

骨の間から肉を取り除くための処理には手間と時間がかかりますが、その割りにリーズナブルです。

人気メニューの常連になっている焼肉店も多く、バラ肉の仲間だけあって、肉自体のうま味も濃厚だが、それと同じくらい脂がたっぷりと含まれているので、こってり感は最高レベルです。

若い人には、この脂っぽさが好き、という人は多いです。

年齢が高めの人には、ちょっとくどいので、しんどい、という人もいます。

ただし、きちんと育てられた牛肉の中落ちカルビなら、脂もしつこくなく、肉のうま味を十分楽しめます。

そういう意味では、お店がどんな牛肉を使っているのかがわかってしまう、お店側からしたら危なっかしい部位です。

味付けは、タレがオススメです。

脂とタレがいったいとなった感覚を味わってください。

口の中が濃くなっていくので、ビールやハイボールの炭酸で口を洗い流しつつ、美味しく食べましょう。

中落ちカルビの美しい焼き方

よく火を通して、余分な脂を落とすと食べやすくなります。

若い人なら脂が入ったままでも良いと思いますが、30代後半からだと少しきついですよね。

脂が燃えやすいので、コゲてしまう可能性も高いので、ちょっと目を離さないようにしましょう。

もう少し焼いた方がいいかな〜、と思っているとこげちゃいますよ。