35歳 お肉をギフト券で送る相手は、独身、目上の2人暮らしの理由と体験談

目上の方にお中元やお歳暮として贈ります。

<お肉のギフト予算>

30000円

<お肉を選ぶなら>

近江牛

近所に近江牛を取り扱う精肉店があるので。

あらゆる世代へ贈り物するなら候補は3つ!そのうち1つは

あらゆる世代へ何か贈り物をする時の候補を3つくらいに絞るのですが、その候補のうちの1つは常にお肉にするくらい、お肉をギフトで送ることは我が家では定番です。

目上の方・友人家族など、特にファミリー向けへのギフトは大抵お肉を選んでいます。

なぜそれほどまで、お肉をギフトで送る機会が多いのか?いくつか理由はあるのですが、一番大きな理由は「お肉が好きな人が多い」ことです。

単純かつ明快な理由なのですが、やはりせっかくプレゼントするのであれば受け取った相手が喜んで下さるものを贈るのが一番だと思います。

若い方だけでなくお年を召された方もお肉を好まれる方は多いですし、健康を気にされているシニア層の中では、タンパク質を定期的に摂取した方が良いという意見もあるそうです。

贈る相手によってお肉の部位を考えることで、脂がしっかりのったものがいい・赤身が多いものがいいなど、あらゆるニーズに対応できると考えています。

「お肉はちょっと・・」と聞いていない限りは、お肉をギフトで送る機会が本当に多いです。

お肉のギフト券は、独身、目上の2人ぐらいに多い

お肉そのものをギフトで贈ることも多いのですが、お肉をギフト券で送ることもあります。

特に、独身の方や目上の方で二人暮らしの方にはギフト券で贈ることが多いと思います。

この理由は「消費期限を気にせずに、好きなタイミングで美味しいお肉を食べて欲しい」と思うためです。

独身であれば、仕事や趣味に忙しくせっかくお肉が届いても・・と思われることもあるかと思いますし、目上の方であれば、せっかく美味しいものが届いたのなら子供や孫とみんなで食べたいわ・・などと思われるかもしれません。

お肉そのものを贈ると食べきれないものは冷凍することも可能ですが、家庭で美味しさを保ちながら冷凍保存することは難しく、冷凍したことを忘れてしまうかもしれません。

でもギフト券でお贈りすれば、受け取った相手がいつでも好きな時に美味しいお肉を味わうことができます。

友人たちと焼肉パーティをする時、遠くに住む子供や孫が帰省した時など、楽しいひと時をさらに楽しくするお手伝いができるのはいいですね。

その店のお肉を食べたことあるか!これが通販会社を選ぶポイントです

お肉をギフト・ギフト券で贈る時の通販会社の選ぶポイントは、まず第一に「そのお店のお肉を食べたことがあるかどうか」です。

私自身、お肉をギフトとしていただいた時にどのようにして食べるかと言えば、たいてい、焼肉・しゃぶしゃぶ・ステーキ・すき焼きのいずれかで、どれもシンプルな調理法だといえます。

調理法がシンプルであればあるほど、お肉そのものの味が美味しさを左右すると考えています。

もちろんギフトでお贈りするような品物であればどちらの通販会社であっても美味しいとは思うのですが、受け取った相手が「美味しい!!」とその美味しさに感動して思わず笑みを浮かべるほどのリアクションをとって欲しいのです。

そうなると、ごく自然な流れとして、自分自身あるいは家族の誰かが食べたことがあって、「あのお店のお肉は本当に美味しかったよね」と話題に上がったことのある精肉店のお肉をギフトとして贈ることが多いです。

そうするとたいていハズレはありません。

特選松阪牛やまとは、送る人、送られる人をかなり考えている

松坂牛と聞くと、「美味しいけど高いよね・・」というのが第一印象です。

美味しいけど購入するのは高い・貰うと嬉しいという観点で言えば、ギフト向けには適した商品だと考えます。

贈った相手からもきっと喜ばれそうな商品ですね。

「特選松阪牛やまと」のホームページを見ると、どの写真も美味しそうですしお肉の色味がとても綺麗ですね。

またパッケージもしっかりしているなという印象です。

特に参考になったのが人気ランキングのページですが、商品としての人気ランキングだけでなく、食べ方の人気ランキングが掲載されているので、贈る相手に応じて商品が選びやすくていいなぁと思います。

家族向けに贈る場合、グラム数だけだと想像しづらく「もしかしたら思っているよりもお肉が少なかったらどうしよう・・」と不安になることもあるのですが、こちらの画面だと家族向けの商品も取り扱っていらっしゃるので、迷わなくて良いですね。

個人的には、お惣菜コーナーの牛タンシチューが美味しそうに思えたので自宅向けに購入してみたいなぁと思いました。

31歳 お礼・お祝いにギフト券はあったけど、お肉は未経験。でもコレはすごくいい

親戚やお世話になった人にお礼としてお肉のギフトを送ります。

<お肉のギフト予算>

~15,000円

<お肉を選ぶなら>

松坂牛
おいしいお肉と言うと松坂牛のイメージが強いからです

ギフトで、魚は弱い。果物は旬があるので、お肉が無難

ちょっとしたお礼にお肉をギフトで送ろうかと考えたことがあります。

私は結婚を機に地元を離れていて、あまり実家へ帰ることはありません。

しかし、子どもが生まれたこともあり、何かと親戚からお金やモノをもらうことが増えています。

そのお礼を贈る機会が非常に多いんです。

今住んでいる場所は、特に果物が有名なところなので、季節が合えば旬の果物を贈るようにしています。

それはとても喜ばれるので続けたいのですが、問題は旬の果物が手に入らないときです。

時期ではない果物を贈るのもどうかと思いますし、だからといって適当なお菓子などで返すのも気が引けます。

どうせなら喜んでもらえるもので返したいという想いが強いんですよね。

そういうときに検討するのがやっぱりお肉です。

魚は冷凍品や加工品だとどうしても味が落ちるように感じるからです。

良いお肉なら少々量が少なくても、年代問わず嬉しく受け取ってもらえるような気がしています。

まだ実際にお肉をギフトとして送ったことはありませんが、実際に試してみてもいいなとは感じているんです。

お礼やお祝いのギフト券はありますが、お肉のギフト券は未経験

遠方に物を送る機会の多い私ですが、人にお肉を送るときにギフト券という手段は考えたことがありませんでした。

お礼やお祝いをギフト券という形で送ったことは今までに何度かあります。

やっぱり親戚や地元の友人とは距離が離れていることもあって、モノをそのまま送るのは気が引けることが多いんです。

ギフト券なら送料もさほどかかりませんし、相手の都合の良いときにモノと引き換えることができて、その点でも良いなと感じます。

好きなものを選ぶことができるのなら、さらにお互いにとって良いですよね。

相手は好きなものと引き換えれば良いわけですし、こちらは何を贈るかと頭を悩ませないで済みますから。

お肉のギフト券については、存在を知らなかったのでこれまで考えたことはありませんでしたが、想像してみる限りではすごく便利そうです。

どのお肉にするか、もしくは額面だけ指定して好きなものに引き換えられるということなのでしょうか。

そうだとするのなら、自分が送られたとしてもすごく嬉しいと思います。

通販会社選びは、信頼が第一

お肉をギフトもしくはギフト券で送るような相手といったら、絶対に大切な人ですよね。

どうでもいい人にはわざわざお肉なんて送らないと思います。

そう想定するのなら通販会社を選ぶポイントとしては、まず第一に信頼できる会社だということが挙げられます。

こちらがイメージした通りの品を相手に確実に届けてもらわないと困るからです。

商品が届かなかったり配送にトラブルがあって、相手方に嫌な思いをさせてしまっては元も子もありません。

次に、こちらが送りたいお肉を扱っているかということも重要です。

お肉という縛りはあるにしても、やっぱりおいしいと思っているものを送りたいものです。

ブランドもののお肉ならなおさら、自分のお気に入りを送ってあげたいと感じます。

また、生のお肉だけでなく加工品も扱っていると、実際に商品を選ぶときには便利ではないでしょうか。

お肉だけではさみしい感じがするときに、ちょっとした加工品も付け加えられると安心です。

ギフト券の送料が無料!やまとさんは、ネットで有名

特選松阪牛やまとさんは、様々な賞を受賞しているネット上のお肉の通販サイトとしては有名なお店のようですね。

少し検索しただけで、色々な情報が出てきました。

特選松阪牛やまとさんの良さそうな点としては、ギフト券の送料が無料なところではないでしょうか。

物を実際に送るよりは安いとはいっても、送料がかからないに越したことはありません。

また、湯せんでかんたんに調理ができるお肉の加工品を取り扱っているのも良いですね!

ハンバーグや角煮などすごくおいしそうな料理が並んでいて、自分でも食べてみたいと思いました。

土日も出荷してもらえて、メッセージカードも無料でつけられるなど細かい心遣いが嬉しいお店のようです。

サイト自体もお肉の部位からだったり、予算からだったり、様々な条件で欲しいお肉を選ぶことができてとても便利です。

お肉をギフト券で送りたいときや特に良いお肉が欲しいというときには、一度試してみたいサイトだと感じました。

34歳 生ものはギフトでは当たりハズレが大きいけど、肉の場合は違う

私がお肉をギフトで送るときは、お歳暮やお中元など、親戚に送るときです。

<お肉のギフト予算>

5,000円くらい

<お肉を選ぶなら>

松坂牛

和牛といえば松阪牛だと思うからです。

生ものギフトは当たりハズレが大きい印象があったけどお肉は

毎年、お中元の時期になると親戚からお肉のギフトが届きます。

最初は生もののギフトって当たり外れがありそうで良い印象がなかったのですが、親戚が送ってくれるお肉はどれもおいしくて、いつも楽しみにしています。

年末年始やお盆の時期など、家に人が集まったりするとき、こういったギフトを貰うととてもありがたいです。

すでに調理や加工がされていないものだからこそ料理に活用できますし、味の調整も可能です。

また、人が集まるときにはお店で購入したオードブルなどを頼むことが多く、濃い味に飽きていることもあるので、そういうときにお肉のギフトがあると飽きずに食べることができると思います。

物を貰うことも嬉しいのですが、自分の好みではなかったり処分に困るようなものだと貰ってもどうしようと思うことがあります。

だったら、普段自分では買わないようなちょっと良いお肉を貰うと、家族全員で楽しむことができますし、お腹も満足して嬉しいです。

お肉のギフト券は、相手のことも考えるのでとても便利

お肉をギフト券で送れたら、送るほうも送られるほうもとても便利だと感じます。

送るほうは、相手の好みや受け取りの時間を確認しなくても良いですし、送られるほうも受け取りの日時を自分の都合の良い日にできたり、好きなお肉を選んだりできます。

お肉などの生もののギフトは、冷凍や冷蔵で運搬されるのが普通です。

受け取ったはいいものの、冷蔵庫にスペースがないということも考えられます。

そうなったらすぐに食べきらなければなりません。

ゆっくりと味わいたいし、いろんな人とも嬉しさを共有したいのに、これでは落ち着きません。

その点、ギフト券でお肉を送るようにすれば、これらの煩わしさがすべて解決します。

わたしはいつも、宅配で冷蔵のものを送るときには相手にいつ配達が良いのか確認するのですが、結構めんどくさいと感じていました。

そういうときはギフト券が便利だなと、今さらながら感じています。

美味しいものを食べてほしいので、相手の選択肢が増えるのは良いことだと思います。

お肉の鮮度や品質を重視してギフト選びをする

わたしがお肉のギフトを送るときに重視することは、お肉の鮮度や品質です。

せっかく送るものですから、開けた瞬間に喜んでもらえるようなお肉の品質が良いです。

サシと赤身のバランスのほか、産地がしっかりと明記されていることも重要です。

品質証明などができているような通販会社であれば、より安心して利用することができます。

通販で生ものを注文するときには、購入する前に実際には実物を確認できないので嘘のない写真や品質説明をしていないとダメです。

わたしはよく通販会社の口コミを見てから利用するようにしています。

あまり批判が多い通販会社はもちろん利用しませんが、口コミでマイナスなことを書いている利用者に丁寧な返信などをしている会社を見ると、とてもしっかりしているんだなと感じます。

実物を手にとって見れない状況での購入になるので、どれだけ信用できて安心して買うことができるかが、わたしが通販会社を選ぶ判断基準になっています。

特選やまとは、証明書もあるので、特別感がある

松阪牛に特化していて、送り先にお肉の証明書をつけてくれるのが、特別感があって良いと感じました。

また、送料無料というのもありがたいです。

お肉もちゃんと熟成管理されていて、一番美味しいものを食べることができます。

お肉の種類も、ステーキ用から薄切りのすき焼き用までさまざまで、値段も5000円代からあり送りやすい金額だと思います。

嬉しいのは、お肉のギフト券があることです。

ギフト券なら、冠婚葬祭のときの引き出物などで利用しやすいですし、送られたほうも家族の好みや季節、料理のことを考えて注文することができます。

何十個も送ることは高価なのでできませんが、お世話になった方に送るときや特別な日に利用してみたいと思います。

大切な人のお祝いにギフト券で特別なお肉を送るのも良いと思いますし、利用の幅が広がりそうです。

熨しなどもつけてくれるので、身内のお祝い事などにも利用したくなりました。

和牛は特別感があるので、おめでたい時に良さそうです。

30歳 お祝い返しは、お肉が一番。でも生鮮食品なので受取には注意

30歳ですが、私なら進学祝いなどのお祝いのお返しにお肉をギフトで送ります。

<お肉のギフト予算>

1万〜2万円

<お肉を選ぶなら>

松坂牛

松阪牛はお肉にこだわりがない人でもわかるくらい有名な良いお肉の代名詞だと思っているので。

ギフトは、お菓子や洗剤よりもお肉が一番
ギフトにはお菓子や洗剤、食品など様々なものがありますが、私がギフトやお祝いのお返しなどでお肉を送る理由としては、お肉を食べない人はあまりいないと思うからです。

お菓子は全く食べない人もいたり、洗剤などは自分の好きな物でないと使ってすら貰えない場合も多いと思います。

私も一度全然使わない洗剤をいただいて困ってしまった経験があります。

その点、お肉はギフトなどでもらっても家で全く食べる人が居ない!なんてことはないと思うので、好みがわからなかったりする時はお肉を選んで送る事が多いです。

また、高級なお肉の場合はイベントごとやお祝いなどの時しか購入しなかったりと、普段から高級なお肉を食べている人はあまり居ないと思うので、自分だったらギフトで思いがけず高級肉を受け取るととても嬉しいので迷ったらお肉が一番だと思っています。

お返しなどでお肉を送った時は、お相手の方にとても喜んでいただけ、反応が良い場合が多いです。

お肉を送る時、生鮮食品なので、受取に注意

ギフトやお返しなどでお肉を送る時は、こちら側から相手のご自宅に直接送る時は、やはりお肉は生鮮食品でもあるので、チルドの場合配送にかかる期間や相手がしっかりと受け取れるかなどがとても気になってしまいます。

近しい親類の場合はあまり、気を使う事なく電話などで連絡をいれ到着の都合のよい日時などを聞く事ができますが、会社の関係者やそこまで親しくない間柄の方だと連絡するの少し遠慮してしまいます。

結局チルドをやめて冷凍のタイプをおくってしまったりします。なので、お肉をギフト券で送る場合は、送られた側が値段の範囲内で好きなお肉を選ぶ事ができるし、到着する日も自由に選ぶ事ができるので、とても助かるのではないかと思います。

送る側も、受け取れなかったらどうしようと心配することもないので安心して到着を待つ事ができるのではないかと思います。

また、ギフト券の場合は軽いので、送料もお肉そのものを送るよりも安くつくと思います。

多くの品を扱っている通販会社を選ぶべき理由

お肉をギフトやギフト券で送る場合は、出来るだけ多くの品数を扱っている通販会社を選ぶのがよいと思います。

お肉にはフルーツや野菜などの選べる種類が豊富な商品と違って旬というものがないので、一年を通して季節を機にする事なく送る事ができますが、その反面でお肉を送る場合は限られた【お肉】という少ないカテゴリーの中で、商品を選ぶことになるので出来るだけ等級が高く品質の良いお肉を扱っていて、なおかつお肉の部位の種類が豊富な通販会社がいいと思います。

お肉にも、焼肉用、ステーキ用、すき焼き用、シャブシャブ用など使用目的により欲しい部位やサイズ、カットの方法なども違ってくるので、とくにギフト券で送る場合は、相手の方に多くの選択肢がある方が選ぶ楽しみも増えるしいいのではないかと思います。

自分で選んでお肉そのものを送る時は、相手の家族構成に合わせて選ぶようにしています。

一人暮らしの方はステーキ用でも食べ応えがあるし、家族の多い方はみんなで楽しめるように、すき焼き用などを送るようにしています。

特選松阪牛やまとは、お肉ギフトにはサービスが満載

特選松阪牛やまとは通信販売で松阪牛を専門に扱っているお店のようで、価格帯や種類もとても豊富で良いと思います。

価格帯は10000〜100000円と幅も広いので、金額に見合った良い商品を見つけやすいのではないでしょうか。

また、商品についてもお肉の種類や部位やカットはとても豊富で品質も良く、普段ではあまり目にすることのないような希少な部位や、ハンバーグやシチューなどの加工してあるお肉系の商品なども扱っているので選ぶ楽しみも増えるのではないかと思います。

相手にギフトを選ぶついでに、自宅用に湯煎するだけで食べられる商品なども購入してしまいたくなります。

また、5000円以上で送料が無料になるサービスや、写真やメッセージなどの同封サービスもあるので送る側からしたらとても嬉しいサービスではないかと思います。

支払い方法なども、後払いが可能であったり、クレジットカードが使用可能なのも嬉しいサービスだと思います。

リブキャップ 別名「カブリ」人気部位リブロースの背中側にある肉

リブキャップ

希少度 星4個4
価格 星4個4
カロリー 星4個4
マニア度 星4個4

助骨の背肉

という意味を持つリブロース。

肩ロースとサーロインに挟まれた部位で、サーロインと並んで高級牛肉の代名詞です。

そのリブロースの最も背中側にあるのがリブキャップです。

肉は霜降りになりやすいのが特徴で、きめが細かくツヤツヤとした美しさがあります。

肉の甘みも脂もほどよく濃厚。
ただし、サシが細かく入っているので、脂がしつこい牛は、ややきつく感じることもあるかもしれません。

見た目の美しさは牛肉中最高レベルです。

焼肉やローストビーフ、しゃぶしゃぶなど、肉本来の味を前面に押し出した料理に使われます。

甘みも脂もあるリブキャップは、食感と味を楽しみたいならタレ、肉の味を重視したいなら、わさび醤油か塩胡椒です。

お酒は、日本酒を冷でいただきましょう。

肉の風味に負けることなく、美味しく食べれます。

厚切りでも美味しく食べれますが、脂を適度におさえるためには、薄切りで食べるのがオススメです。

リブキャップの美味しい焼き方

強火で脂を溶かして食べるのがベストです。

厚さ5mm以下の肉の場合はレアで食べましょう。
それ以上の厚さになると、表面の脂が溶けても、中まで火が通らない場合が多いです。

その場合は、いろんな方向から火を入れて、ガッツリ焼きましょう。

カリッと全面が焼けたらOKです。